MENU

この記事では

 

クラウドテックの登録から案件獲得までの流れはどのようになっているの?
クラウドテックの利用の流れはどのようなステップで進んでいくの?

 

などの疑問についてお伝えしている内容となっています。

 

クラウドテック

 

時間がない方に先に結論を紹介しておきます。

 

Step1:登録
会員登録

 

Step2:経歴書、ポートフォリオを登録
企業に推薦しやすいよう職務経歴書やポートフォリオをウェブ上に登録

 

Step3:案件に応募
条件や希望に合った案件に応募

 

Step4:クライアント先と商談
クライアント企業との商談

 

Step5:商談成立&参画後のフォロー
契約条件交渉を経て、案件を受注し業務開始&参画後の円滑に仕事が進むようフォロー

 

クラウドテック

\クラウドテックを公式サイトで見る/

 

 

クラウドテック

 

 

クラウドテック(geechs job)は、フリーランスエンジニアに向けた案件紹介のエージェントサービスです。

 

そんなクラウドテックでは、登録から案件獲得までの流れはどのようになっているのでしょうか?

 

フリーランスエンジニア向けのエージェントサービスを利用する際には、登録から仕事を獲得して案件が稼働するまでにはいくつかのステップがあります。

 

どのようなステップで進んでいくのかを把握しておけば、サービスを利用するかを検討するうえで参考になりますよね。

 

そこで、クラウドテックの登録から案件獲得までの流れを紹介します。

 

クラウドテックの登録から案件獲得までの流れ

 

Step1:登録

クラウドテック

 

クラウドテック公式サイト上に、利用者向けの専用フォームが用意されているので会員登録を行います。

 

必要事項の氏名・生年月日・メールアドレス・経験などを入力します。

 

60秒ほどで登録完了できる簡単なフォームです。

 

Step2:経歴書、ポートフォリオを登録

クラウドテック

 

クラウドテック側があなたのことをクライアント企業に推薦するための、職務経歴書やポートフォリオをウェブ上に登録します。

 

Step3:案件に応募

クラウドテック

 

サイトに掲載されている案件の中から、気になる仕事を探します。

 

働き方やスキルに合わせて案件を絞り込めるので、自分に最適な仕事を探すことが可能です。

 

応募の際、スキルセットや活かせる経験などを記載すると、クラウドテックから企業に推薦しやすくなります。

 

Step4:クライアント先と商談

クラウドテック

 

書類が通過すると、クライアント企業と商談に進みます。

 

商談には、クラウドテックのキャリアサポートが付き添ってくれて三者で面談します。

 

商談当日は、自己紹介や案件内容の紹介、質問などが行われるので、あらかじめ回答を考えて臨むとスムーズに運びます。

 

Step5:商談成立&参画後のフォロー

クラウドテック

 

商談後、条件面などでの合意に至れば商談成立となり、契約の手続きをして案件に参画となります。

 

案件に参画したあとも、担当者が業務が円滑に進むよう定期的に状況を把握しサポートしてくれます。

 

 

クラウドテック

クラウドテックの利用の流れについてまとめると

 

Step1:登録

 

Step2:経歴書、ポートフォリオを登録

 

Step3:案件に応募

 

Step4:クライアント先と商談

 

Step5:商談成立&参画後のフォロー

 

となります。

 

クラウドテックを利用するか検討する際の一つの参考にしてみてください。

 

 

\クラウドテックを公式サイトで見る/

 

担当者と面談する際に押さえておきたいポイント

クラウドテック

 

エージェントの担当者と面談する際には、伝えるべき事や確認事項などいくつかの押さえておくべきポイントがあります。

 

ポイントを理解して面談に臨むことで、よりメリットあるサービスとして利用できる可能性が高まります。

 

希望する条件を伝える

 

あなたに合った案件を紹介してもらうためには、事前にエージェント側に希望する条件をしっかり伝えることが大切です。

 

単価や稼働日数、勤務形態などのあなたが希望することを伝えましょう。

 

希望することを曖昧なままで担当者とやり取りを進めてしまうと、スキルに見合わない単価の案件を紹介されてしまう可能性もあります。

 

自分の持っているスキルや希望する条件を細かく伝えることで、あなたのライフスタイルに合った案件を紹介してもらいやすくなります。

 

エンド直や商流の浅い案件取り扱っているかチェックしておく

 

面談前に、そのエージェントサービスがエンド直や商流の浅い案件を取り扱っているかどうかを確認しておきましょう。

 

エンド直や商流の浅い案件というのは、クライアント企業と案件の受注者であるエージェントサービス側の間に仲介業者が少ないことを意味します。

 

商流が深い案件に参画した場合は、間に挟まっている仲介業者にかかる手数料やマージンが余分に差し引かれてしまい、単価が下がってしまう可能性があります。

 

また、商流が深い案件は、間に挟む業者が多いため伝言ゲームになり、聞いていた情報と参画後の内容の差異が大きいといった参画後のトラブルになるケースもあります。

 

だから、エンド直や商流の浅い案件があるかどうかを事前に確認し、もしある場合は優先的に紹介してもらえるように担当者に伝えておくことで、単価アップにつながる場合があります。

 

エージェントサービスを選ぶ際のポイント

クラウドテック

 

フリーランスエンジニアのエージェントを選ぶ上で押さえておきたいポイントを紹介します。

 

自分のスキルに合う案件を取り扱っているか?単価の相場はどうか?

 

エージェントサービスの多くは、Web上で取り扱っている案件の一部を公開していることが多いです。

 

自分のスキルに見合う案件がどのくらいあるかチェックしておきましょう。

 

また、案件の単価の相場も確認しておきましょう。

 

同じような経験を求める案件でも、エージェントサービスによっては単価に違いがあったりします。

 

単価については、大手のエージェントのほうがエンド直や商流の浅い案件が多い傾向があり、案件の単価も高いことが場合があります。

 

サポートが充実しているか?

 

サポートの内容が充実しているサービスかどうかは、選ぶ基準として重要なポイントになります。

 

どのようなサポートをしてくれるかをしっかり確認してから、サービスを利用するか検討しましょう。

 

良いエージェントサービスの傾向性としては、案件の参画後にも何かと気にかけてくれるといった1人1人ときちんと向き合ってくれるフォロー体制がしっかりしている面があります。

 

また、なにか疑問や問題が起こった時にエージェントに連絡した場合、返事のレスポンスが早いところは有能なエージェントサービスであることが多いです。

 

支払いサイトが早いか

 

支払いサイトとは、報酬が支給されるタイミングのことで、報酬の締め日から口座に入金されるまでの期間のことをさします。

 

プロジェクトに参画して、最初の報酬を受け取れるタイミングがいつなのかは前もって把握しておきましょう。

 

「30日サイト」の場合であれば、5月1日から稼働した場合、5月31日が締め日となり、翌月の6月30日に口座へ入金されます。

 

支払いサイトが30日以上だと、稼働を開始してから報酬を受け取るまでの収入がない期間が長いため、人によっては生活に支障が出る恐れもあります。

 

支払サイトは各エージェントサービスによってまちまちですが、資金力があって会社としてしっかりしているところほど支払いも早い傾向があります。

 

 

おすすめフリーランスエージェントサービス3選

 

フリーランスエージェントサービスを複数登録して、案件を見比べてみると同じような案件でも単価がアップすることがあります。

 

また、登録することでしか見たり紹介されない案件もあるので、複数のエージェントサービスから自分に合ったものを絞り込んでいくのがおすすめです

 

そこで、評価が高いおすすめのフリーランスエージェントをいくつか紹介します。

 

レバテックフリーランス

クラウドテック

 

レバテックフリーランスは国内最大手のフリーランスエージェントサービスです。

 

ベンチャー企業から大企業まで案件を幅広く取り扱い、市場にあまり出回っていない非公開案件を多数保有しています。

 

取り扱い案件が多いことから、週2や週3勤務案件なども多いので自分に合った条件の仕事を見つけたいという方に最適です。

 

また、専門知識豊富な専任のカウンセラーのマッチング精度が高いため、登録しているフリーランスからの評価も高いです。

 

案件参画中や参画後にも定期的にコンタクトしてヒアリングした上で最適なサポートをしてくれます。

 

登録後にはカウンセラーとの面談があるので、その時に「副業で働きたい」希望を伝えておくと、条件にあった案件を紹介してくれます。

 

レバテックフリーランスの特徴
  • 利用者満足度92.6%と高い
  • 業界トップクラスの高単価報酬
  • 案件参画中のフォローが充実
  • 最短一週間で案件参画可能
  • 常時1,100件以上の豊富な案件数

 

\レバテックフリーランスを公式サイトで見る/

クラウドテック

 

Midworks(ミッドワークス)

クラウドテック

 

Midworks(ミッドワークス)はフリーランスであっても手厚い保証が欲しい方におすすめのサービスです

 

マージン率は、実質10%〜15%です。

 

通常は一律20%のマージン率ですが、社会保険料の擬似労使折半やその他保障を組み合わせることで実質10%〜15%になることが多いようです。

 

マージン率自体はマージン率を公開しているサービスの中では比較的高い部類に入りますが、保証はずば抜けて手厚くフリーランスエンジニアに正社員と同じような保障を提供してくれます。

 

・社会保険料を半額負担
・キルアップのために使った書籍代、勉強代を月1万まで支給
・月の交通費を1万5千円まで支給
・会計ソフトも無料で利用可能

 

このような保証が付いてきます。

 

また、万一仕事が決まらなくても、非稼働期間にも給与保証制度(審査あり)で月額契約単価の80%を日割りで受け取ることができます。

 

給与保証制度まである手厚すぎるサービスがあるので、フリーランスでありながら正社員のような安心感で働けるところが魅力です。

 

2016年からスタートした新しいエージェントサービスですが、保障の手厚さは業界最高レベルなのでもっと評価されてしかるべきサービスだと思います。

 

Midworks(ミッドワークス)の特徴
  • 福利厚生・給与補償などフリーランスでも正社員相当の補償がある
  • 全体の80%が非公開案件なので他では出会えない案件と巡り合える
  • 最新技術を駆使した企業の案件が豊富
  • フリーランスの働き方を熟知しているコンサルタントのフォローを受けられる
  • スキルに見合った収入を提示してくれる

 

\Midworks(ミッドワークス)を公式サイトで見る/

join

 

ITプロパートナーズ

クラウドテック

 

ITプロパートナーズは、柔軟な働き方を許容する案件を数多く用意していて、 週2、3日、リモートなどの案件が多く取り扱っています。

 

案件紹介のエージェントサービスの中では、 週2日から働ける案件数はかなり充実しています。

 

リモート案件や時間がフレキシブルな案件も数多く取り揃えているため、副業などでも参画しやすいところが魅力です。

 

大阪や福岡などの首都圏以外の地方求人・案件も豊富に保有しています。

 

取引者数も2,000社以上で、エンド直請けの案件なので高単価のものが多いところも特徴です。

 

エージェントのサポートも充実していて、 契約交渉や債権管理などを代行することであなたらしい「働き方」を支援してくれます。

 

ITプロパートナーズの特徴
  • 週2日から働ける案件が豊富
  • リモート案件や時間がフレキシブルな案件が豊富
  • 取引企業数2,000社以上
  • エンド直なので高単価を実現して
  • 専属エージェントによる手厚いサポートあり

 

\ITプロパートナーズを公式サイトで見る/

クラウドテック

 

クラウドテック

 

 

評価が高いおすすめのエージェントサービスを紹介しました。 

 

案件を紹介してくれるエージェントサービスは、複数登録しておくと便利です。

 

複数のサービスを利用して比較してみることで、あなたが希望する案件が見つかる可能性がぐっと高まりますよ。


 

また、紹介しているどのサービスも登録は無料なので、とりあえず登録してみてください。